ブログ
オンラインショップ

ブログ

2013/08/29

龍谷大学の学生さんが洲本市で合宿中

洲本市と龍谷大学は、総務省の制度を活用し「域学連携」事業を行っています。これは、地域資源を活用した地域活性化策について、地元住民と学生や教員が一緒になって検討するというプログラムで、8/4~9/4まで、学生さんら約30名が洲本市内でフィールドワーク合宿を実施中です。

昨日は、合宿中の学生さんがウェルネスパーク五色にやってきて、BDF精製プラントについて勉強していただきました。(ちょうどヒマワリを収穫したコンバインが帰ってきたところでした)

地域活性化策の一つとして、洲本市の観光客数を増やすためのツアー企画についても検討されているので、現地移動のためのバスにBDF燃料を使ったり、電気自動車の充電にBDF発電機を使うなど、ウェルネスパークとのコラボ企画が生まれればな~ と期待しています。

Comments

Trackback URL


トラックバックはありません。

Comment form

名前:
URL:
コメント:
文字認証:

上に表示されている文字を入力してください。